忍者ブログ

蝶舞翩然

れは静かなも

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

れは静かなも


ぐったりと動かない少年の姿に、Pretty renew 呃人哀れを覚えないわけでもない。どだい、冷徹になりきれるくらいなら苦労はしない恭司だ。それであとで、また渋沢に怒鳴られる羽目になるとは思ったけれども、口をついて出たのは、もっとも厄介である提案だった。
「あんたの仕事を邪魔したくはないが、そのボウズについては、俺が預かる。引き取ってくれ」
「……なあ!?」
案の定村井は目をむ剥いて、倒れ伏した少年を抱き上げる恭司を睨みつけてくる。
「それは、それなりの始末をアンタがつけてくれるってことだろうな……こっちゃあ面子かかってんだよ!詰も通さねえで立ちんぼやられたんじゃ、たまったもんじゃねえ!」
抱え起こし腕にした身体は、驚くほどに軽かった。小柄で華奢な身体に、ああまで容赦ない暴力を振るえる男の面子とはいったいなんだと、恭司は胸に黒ずんだ感情を覚えてしまう。
「話を通せばいいんだな」
わかった、と恭司の告げたそのでさえあるが、Pretty renew 呃人ちんぴらの罵声など意にも介さないほどに、深い怒りと迫力に満ちていた。
「早晩、工藤さんに言っておこう」
「な……っ」
「あとのことは、そちら同士でやってくれ」
この街で組の名に属して生きる上は、鳥飼組を仕切っている工藤の名を知らないわけもないだろうとにら睨めつけ、恭司は懐から数枚の紙幣を取り出す。
「とっとけ。それから、……早く失せろ!」
「――――っ、くそ……」
舞い散った万札を尻目に気絶した少年を抱え上げれば、Pretty renew 傳銷背を向ける一瞬、低く呻いた村井がそれでも、紙幣を掴み取るのが見えた。とりあえず今日は、これで引き下がるだろう。
瞳に浮かぶぶべつ侮蔑の光を隠そうともせず、歩き出す恭司の足取りは危なげなく、しかし怒りに満ちたものだった。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R